自己紹介

手石良月

  • 手石良月
  • 昭和48年
    皇紀2633年
    癸丑の年
    9月22日生 乙女座

    興味があるもの・・・

    阪神虎
    拳闘
    蹴球(にわか)
    競馬
    山車祭







  • RSS

過去の記事

カテゴリー

サイト内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年最初の課題。
議題が一つ。

解決策は三つか・・・

どうなることか。

毎回

毎回

大小問わず

問題が出るもんだなぁ
【2014/05/07 18:56】 祭禮 | トラックバック(0) | コメント(0) |
平成25年 鹿沼。
おまつりの話

10月13日の日曜日

栃木県鹿沼市へ。
今宮神社祭。

通称【ぶっつけ秋祭】というらしい。

以前から屋台彫刻がすごいと聞いていて
一度は見てみたいなと思っていたのだが。

この時期は石岡も祭禮直後ということもあり
なかなか忙しく足も向かず。
なかなか時間もとれずにいたのですが。

今年はどういう訳か連休がフリー。

佐原に後ろ髪を引かれながらも
思い切って鹿沼まで足を伸ばす。

友部JCT経由で北関東道をひたすらと
1時間30分。

ナビと地図を片手に
近くの中学校の駐車場へ。

11時着もぎりぎりのセーフ。
昼前には満車になりそうなのね・・・
覚えておこう。

とりあえず屋台を探すのと神社へ参拝。

第一屋台発見。

麻苧町

麻苧町 彫刻

麻苧町 彫刻

やはり彫刻がすごいなぁ。

方向転換はジャッキ上げての90度。

神社参拝。

今宮神社

御朱印をいただく。

前に並んでいた年配男性の朱印帳。

「常陸國總社宮」とある。

同じ獅子舞の朱印帳。

「石岡からですか?」と声をかけてみた。

少し驚いたようで「ええ」との答え。

少し話してみたのだが
お住まいは筑波山のふもとらしい。

この後、大通りの沿道から見ていたときにも
ある男性がつくばか土浦から来ていると話す声が聞こえた。

茨城からも観に来ているんだなと。


その後大通りへ戻る。
大通りで屋台の出発式。

今日はどうも神事の気配は見えず。

よくよくパンフみると初日に神事があると掲載。
うーーん。見所は初日だったか。

そのパンフ。
これが驚いた。

兎に角分厚い。
情報も濃い。

スケシュールやら屋台の説明やら
彫刻師の解説まで記載がある。

中身が詳細すぎる。

我が市も見習ってほしいものだ。

日が暮れ提灯飾り。

屋台を向かい合わせて競演。

【ぶっつけ】

ぶっつけ

川越の【ひっかわせ】と似てるかな。

来年は初日の土曜日に行けることを願いましょうか。
【2013/10/24 23:39】 祭禮 | トラックバック(0) | コメント(0) |
還幸祭。
おまつりの話

台風接近中の3日目午前中。

急遽、還幸祭における
山車整列場所が大幅変更になる。

各町青年會長へ連絡し
事態の説明と協力要請。

よって各町山車は
大幅な巡行路の変更があった訳だ。

本来であれば
山車整列場所は守横新道。

台風・大雨の影響で危険と判断。
午前10時過ぎ。
急遽、御幸通りへ整列決定。

さてどこに並べるのか?

停止場所を決める過程は
ここでは明かせないが
停止場所を書き出したのが写真のコレ。

宝物。


これを元に
各青年會長へ停止場所の連絡。
口頭の電話一本だけでの話。

豪雨の中、携帯電話一本だけでは
伝わらない可能性が大。
看板なんて立てる時間もない。

整列時間前に御幸通りへ走る。
既に2台の山車が停止。
1台がやはりずれている。

コレを見ながら現場で
正確な場所へ変更願う。感謝。

続々と山車は集まり始める。
一台一台。
やはりコレを見ながら停止場所へ指示。

やがて全ての山車が集まり整列完了。

何事も無く
無事に整列出来たのも全ては
石岡青年會という
すばらしい団体のおかげであると考える。

石岡青年會の凄さを実感し
本当に本当に嬉しかった。

ここまで書き始めて思い出し
目頭が熱くなった。

無事御神輿をお送りし年番祭禮。
無事終了。

結果、あれだけ皆で話し合った守横新道に
山車を整列させることが出来なかった。

流石に天気には勝てないわ。

仕方がない。悔いはない。

が少しはやはり悔しいな。

その一方で
石岡青年會の凄さを見れたからいいかな・・・
と自分に言い聞かせたりもしている。


そして今思うことは。
これからは町会でどんな立場になるか。
町会自体が
どんな組織になっていくかは分からない。

祭禮自体がどうなっているかも分からない。

大切なのは
これからの時代の若者に
今年の還幸祭にあったことを
語り続けて行く事だと思う。


そして目標が出来たのもある。
15年後。平成40年。

その15年後にもう一度。

その時代の若者に今年あったことを話し
再度チャレンジしてみたい。

この写真のモノは
個人的祭禮史上最高の品物になった。

何も知らない人が見れば
ただの走り書きの落書きの紙切れにしか
見れないだろうが。

これは我が家の家宝にする。
【2013/09/19 09:40】 祭禮 | トラックバック(0) | コメント(6) |
平成25年 常陸國總社宮例大祭
常陸國總社宮

只今 祭禮中


20130914.jpg
【2013/09/14 09:00】 祭禮 | トラックバック(0) | コメント(0) |
年番に向けて【竹・注連縄設置】
平成25年9月10・11日。

竹・注連縄設置。

竹

20130910_002.jpg

10日は竹の設置。

町内会の皆さんで
竹きりから剪定から。

竹の数は300本弱。

守横町でさえこの数なのですから
大所帯の町内会はもっと大変でしょう。

我家。
20130910_003.jpg


翌11日は注連縄張り。

20130911_003.jpg

20130911_005.jpg

20130911_011.jpg

20130911_007.jpg

我家
20130911_008.jpg

これで町内会の準備は全て終了。

13日の「はたき初め」からいよいよ始まります!

【2013/09/12 10:58】 祭禮 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。