自己紹介

手石良月

  • 手石良月
  • 昭和48年
    皇紀2633年
    癸丑の年
    9月22日生 乙女座

    興味があるもの・・・

    阪神虎
    拳闘
    蹴球(にわか)
    競馬
    山車祭







  • RSS

過去の記事

カテゴリー

サイト内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
阪神虎の話。

昨日の甲子園最終戦。竜との最終戦。
片岡選手の引退試合。

最後の試合で、センター前ヒット。
タイムリーの打点付き。
最後の打席は、レフトオーバーの2塁打。
レフトには同級生の立浪選手。

最後に打った打球が立浪選手の上を飛んでいったのも
何かの縁。


日公ビックバン打線の中核選手。
当時の虎というと。
まだ弱小も良いトコ。
片岡選手がFAで虎へ来た時。
どーしよーも無いチームだった。
1993 4位
1994 4位
1995 6位
1996 6位
1997 5位
1998 6位
1999 6位
2000 6位
2001 6位

2001年オフFA移籍。

新庄・和田がいなくなり。
たまたま野村監督から星野監督へ。

「甲子園で野球がしたい」

この言葉にしびれた。
そして、こんな弱小球団によく来てくれた。

最近は不振で、色々言われ続け。
私も、「なんでここで片岡なんだぁ!?」
と言っていた時がある。

昨日、テレビに向かいながら正座で謝罪。
久しぶりに感涙。涙止まらなかった。
和田・八木選手以来だな。

2003年の優勝は、彼無くしてはできなかったし。
脳裏に焼き付いているシーンがある。

6月だったか。巨人戦での左中間サヨナラヒット。

あの日。
2003年9月15日。
赤星選手。ライトオーバーのサヨナラが有名。
しかしサヨナラになったのも、
片岡選手が打った同点2ランがあったから。


引退試合の日に、
古巣が優勝しているのは
何かの偶然ではないと。

雨で流れた竜の試合が引退試合になったのも
偶然ではないと。
昨日の、その場に立浪選手が胴上げに参加できたのも
偶然ではない。

そう思いたい。

FA入団時の涙は忘れないよ。
片岡選手。ありがとう!
2006年10月13日 デイリー一面

【2006/10/13 11:11】 阪神虎 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<佐原 秋 | ホーム | これも深衝撃?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moriyoko1998.blog72.fc2.com/tb.php/75-1e6e244a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。