自己紹介

手石良月

  • 手石良月
  • 昭和48年
    皇紀2633年
    癸丑の年
    9月22日生 乙女座

    興味があるもの・・・

    阪神虎
    拳闘
    蹴球(にわか)
    競馬
    山車祭







  • RSS

過去の記事

カテゴリー

サイト内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
タツヨシ。
拳闘の話。

昨夜。辰吉選手の特集番組を見た。

サンドバックを相手にワンツーからの左ボディー。

当時。
彼の左ボディーを打つ格好・後姿が美しすぎて堪らなかった。

ボディブローでシリモンコンに勝った試合。
いまでも頭の中に残像がある。衝撃的な試合だった。

あれから何年が過ぎたのだろう。
(調べたら11年が経っていた・・・・)

彼の2人のお子さんも大きくなっていて。

そして今もなお。彼はなぜ戦うのだろうか。

今も階級は昔と同じバンタム。

そのバンタムは先日の長谷川選手。
残酷だがスピードが全然違う。

今の力では日本ランカーにも勝てないだろう。

なぜリングに上がりつづけるのかと。
考えながらテレビを見ていたら。
自然と涙が込み上げてきた。


彼はみんなのヒーローだった。


リチャードソンに勝った試合。
青いグローブが眩しかった。

サラゴサやウィラポンに負け続けた試合。


色々思い出して。涙が込み上げてきて。

気づいたらKO負けのシーンだった。

もうボロボロだよ。

なぜまだ戦いつづけるのだろう。

正しいのかどうかなんて分からないが。


もう。この辺でいいんじゃないか・・・

って周りの人たちも心のどこかで思っているが。
言い出せないんだろうし。彼も聞く耳も無いのだろう。

しかし。あの試合内容を見ると。

だれか彼を止めてあげなくてはいけない。
余りにも危険すぎる。
誰でもいいから止めて欲しい。
【2009/03/18 09:03】 拳闘 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<敗戦。 | ホーム | 森木はやし設立20周年記念式典。>>
コメント
私もたまたま観ていました。

ボクシングは通ではないのですが、辰吉選手位は昔から知ってます。国内の試合を禁止されながらも頑張ってきましたね。野球などは「戦力外」で終わらざろう得ない形がありますが、帝拳ジムへの今までの貢献度で切れないと言う事なのでしょうか。
ジムが止めるべきなのでしょうか。
【2009/03/18 19:08】 URL | 1番セカンド和田 #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moriyoko1998.blog72.fc2.com/tb.php/618-5f3bbc0e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。