自己紹介

手石良月

  • 手石良月
  • 昭和48年
    皇紀2633年
    癸丑の年
    9月22日生 乙女座

    興味があるもの・・・

    阪神虎
    拳闘
    蹴球(にわか)
    競馬
    山車祭







  • RSS

過去の記事

カテゴリー

サイト内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
マスオさん。
日曜18時30分 ⑧CH フジテレビ

この時間はサザエさんと昔から決まっているのだ。

日曜夕方家にいると
ちびまるちゃん⇒サザエさんの流れ

サザエさんは疑問点が多いアニメだが
そこはあえてスルー

深く考えないで軽く見るものだろう

しかし先日
見ている内にふと考えてしまった。

「マスオさん」って言葉がある。

結婚し夫の名字を名乗るが
嫁の実家で生活する。
決して婿入りではない状態を

【マスオさん】


さて
こう方々に対して
最初にマスオさんと呼んだのは誰なのか?

やはりマスコミか?
メディアなのか?

今ではごく一般的に使われている言葉であるが
当時は新しい言葉だったはずだ。

そもそも昔は嫁の実家に住み着くことは無かったはず?

嫁は夫の実家へ嫁いでいくものであり
嫁の実家からは出て行くものであろう。

お家の事情で婿に入るのはあったのだろうが
婿に入るということは嫁側の名字になり
嫁実家を継ぐということだ。

それはわかる。

いつの時代から
夫の名字を名乗りながら
嫁の実家に入るということが多くなってきたのか?

江戸時代には考えられたことなのか?
明治 大正・・・
どうだったのだろうか?

今でさえ一般的に認知されてはいるが。

少数派の時代
当時は「マスオさん」なんて呼び方も無いだろうし。
結構肩身が狭かったんではなかろうかと想像する。

旦那さんは家の中でも肩身が狭い状態かもしれないが(笑)

サザエさんを見ながらそんな事を
深く考えてしまった。
【2012/02/08 09:33】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<メールアドレス。 | ホーム | 常識>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moriyoko1998.blog72.fc2.com/tb.php/1034-9b3d867e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。