自己紹介

手石良月

  • 手石良月
  • 昭和48年
    皇紀2633年
    癸丑の年
    9月22日生 乙女座

    興味があるもの・・・

    阪神虎
    拳闘
    蹴球(にわか)
    競馬
    山車祭







  • RSS

過去の記事

カテゴリー

サイト内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新監督。
虎の話。

ついに来た。

あれから10年。
もう少し後かと思ったが、縁なんだろう。

現役当時は地味な選手だったが大好きだった。

無理やり右打ちしての進塁打。
ホント好きだったな。
調べてみたら安打は1739本


引退スピーチは歴代最高だろう。
今見ても泣ける。


『志半ばで、背番号「6」を球団にお返しするのは
誠に残念ですが私の夢を後輩たちに託したいと思います。
そして、これから強くなっていくタイガースで、
これからも後輩たちとともに頑張っていきたいと思います。』

あれから10年経った今。
リーグ優勝は2回。

確かに後輩達は強くなった。

毎年といっていいくらいに首位争いもできるようになった。

がしかし

今年を見ると一時の強さは全然無い。
負けるにしてもあっさり負ける。

彼のバッティングみたいに
粘って粘って。相手投手の球数を投げさせるような。

彼みたいな打者が現れれば。
大和、俊介あたりか。


大好きだった選手が監督になる。

なかなか複雑な気持ちだわ
スポンサーサイト
【2011/10/29 12:11】 阪神虎 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ドラフト。
10月24日
八重樫選手の世界戦。
ミニマムで新チャンプ誕生。
なかなかの激しい打撃戦。
あの打ち合いに勝ったのだから打たれ強い。
が、あのままでは防衛重ねるのはきついかも。
でもあのハードパンチは魅力的。

10月27日
ドラフト会議。
菅野選手の日ハム入り

これがドラフトだ
戦力を均等化するために作られたのがドラフト制度

周りの人間だけが騒いでいるだけで
本人は「別にどこでも良いや」
なんて思ってたりして

巨人を倒して日本一になる!
とでも発言したらファンは拍手喝さい
応援したくなるのだがね
【2011/10/28 09:16】 野球 | トラックバック(0) | コメント(0) |
色々あった。
10月20日
帰宅が午前になってしまい
25時半位に夕食だった。
メニューは

キノコのパスタ
人参・コンニャク・さつま揚げの煮物
イカの茹でたもの


10月21日
明け方5時頃
何か異様な感じで目が覚めた。
何かがおかしい

吐き気が襲いかかり
トイレへ駆け込む。都合5回の嘔吐。

食べたものを全て吐いた。
どうやら食あたりらしい。

犯人はなんだか不明のままだが
おそらくイカではないかと

午前中は休養。
昼前には胃は落ち着き
お粥がランチ。

午後から出社。
食あたりなんて人生はじめてだったかも

10月22日
囃子連の水戸での興行
獅子舞もあったのだが
あいにく別件の用事があり欠席
若手3人に託した
夕方報告を受ける
色々あったがとりあえず無事に終了したとのこと
夜は練習場へ
報告と今後の予定確認
ドンマイ!!

10月23日
午後から市民会館へ
久しぶりに囃子発表会

土橋町の獅子を拝見
いやぁ・・・絶句とはこのこと
カッコ良すぎです

その次に守横
ここまで見て退散

夕方はオルフェーヴルの3冠達成を見届ける
競馬を見始めて3頭目の3冠馬
4角で既に先頭 恐れ入りました
馬連は330円。見事なまでのトリガミ

最後に鳥谷選手のFA
いなくなったらどうすりゃいいの?

鳥谷選手へ

あなたに出て行かれては
夢も希望もありません。
残留してください。
よろしくお願い致します。
【2011/10/24 15:00】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
名将。
10月15日
久しぶりにボクシングマガジンを買う
本当は毎月買いたいのだが
かさばって仕方が無いので立ち読みで済ませていた

昔の数年分がカミさんの実家に置きっぱなしでもある
あれどうしようか・・・

久しぶりに細かいところまで読むと
流石にいろいろ情報はあるわ

ランキング表にも目を通すと
女子のランキングなんてのも載ってるんだな

香川さんのコラムは熱かった。胸熱。同感です。

この日はカミさんが知人の結婚式出席
つくばまで仕事帰りにお迎え。

10月16日
虎の4位が決まる。
この結果で監督が変わるらしい
最近は3位に入らなかったからという理由で辞めるのね
なにか腑に落ちないが
今のままでは来年も同じ雰囲気というのも確か

今年は少しずつ若手が伸びてきた感あり
来年はもっと活躍を期待したい

10月18日
パリーグはCS権を争い
セリーグは竜の優勝がきまる

BSにチャンネルを合わせたら
運良く??10回の最終回
引き分けでも決まるのね?
リアルタイムでの胴上げシーン

監督としての戦績を見ても
これ以上の何を求めるのか

勝てばファンは嬉しいし喜ぶもの

常勝軍団

球団側としては
勝つだけでは物足りなくなってきたのだろうか

裏では色々あるのだろうが
これだけの名将の去り方としては
いくらなんでも寂しいのではないか
【2011/10/19 15:06】 野球 | トラックバック(0) | コメント(0) |
次の機会に
10月11日

会社の人と食事会。
色々お話できたのは良かったなぁ
お互いの考えを言い合えた感じかな。

しばらくお話できてなかったから
これからはこんな感じで食事会ができれば

もう少し突っ込んだ話もしたかったのだが。
考えて自重してしまった。

あまり突っ込むと
感情的になってしまうかもしれない
守りに入ってしまった。

後悔も少しあるが
ホットした部分もあった。

また次の機会にしよう。
これからもこんな感じでいければ。

10月12日
江戸で讀賣戦。

榎田がサヨナラHRを打たれる。
その前の球がインローへの
これ以上の無い最高のボール。
最後はアウトローへボールになる
スライダーで勝負有りと見たが

それが真ん中高めへの失投。

見逃さなかったウルフを流石と言うべきなのか。

しかし打たれたとはいえ
今年は榎田がいなかったらと思うとゾッとする

小林・久保田はどこへやら

今年の榎田は胸を張っていい

この日の一発でCSは無くなったとみる。
元々CSは反対派
おまけ程度のつもりだ
3位も4位も同じ程度だろう。

しかしこの日の最後の攻防は見ごたえがあった。

気付くと
鳥肌が立つような試合
駆け引きのすごい試合って見てないことに気付く

新ボールのせいなのか
3時間30分ルールのせいなのか
監督が無能のせいなのか

昔はもっとハラハラドキドキした試合が
多く感じたものだが


10月14日
今頃になって

調子を落としている燕に大勝

打線がつながる

来年は
もう少し早めにお願いします
【2011/10/15 14:22】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
笠抜き終了。
10月8日。
長男の幼稚園運動会。

異様に疲れて夕方まで熟睡。

夜は囃子連の練習場。
祭礼後初めての練習日ということで獅子練習も。
これも体に応えた。

10月9日。
家族を連れて昼間だけ佐原へ。

天気が良く祭礼日和。
小野川沿いも山車巡行可能になり
川も舟が動けるほど修繕していた。

人手もなかなか多く盛況。

夏よりもさらに復興してきた感。

佐原を夕方で切り上げ夜は守横町笠抜き。
AM1:30帰宅・・・

10月10日。
今年の体育の日が本来の日付に。

日中は暑かった。これが10月の天気かと。

昨夜の笠抜きでの件。連絡あり。裏取りと確認の連絡。
うーーん。
やはり2次会最後の会計時に立ち会えなかったことがまずかった。

猛省。
【2011/10/11 13:33】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
お返し。
虎の話。

まさかの燕を3タテ。

先週の神宮
そのままそっくりお返し。

これで竜が10ゲーム差を追いつき追い越し
首位奪取。


あれだけ独走していた燕がここで失速。
やはり優勝するのは簡単では無いな。
【2011/10/07 09:46】 阪神虎 | トラックバック(0) | コメント(0) |
快挙!
10月1日
土浦花火へ。
駅から歩く。河川敷付近でシート広げて。
350ml缶ビール屋台で購入。

500円也。
ある意味高級酒。

1時間ほどでチビどもが飽きてきた様子で
早めに撤収。

石岡の街もお祭りひとつで大変な賑わいになるが
土浦の街も花火で大変賑わう。

色々大変だろうが
1年に一度くらい大きな賑わいがあることは
良いことではないか。

ひとつ残念なことは、石岡も同じなのかもしれないが
自分で出したゴミをきちんと処理できない方が多い。
せめてゴミ箱まで持っていって欲しいもの。

10月2日
休日出勤。

この日は日本ボクシング界で一大イベント
西岡選手のラスベガスMGM。
仕事している場合では無いのだがこればかりは・・・

仕事中は完全情報遮断。
22時帰宅。録画再生。

結果

すごすぎる。すばらしい・・・

言葉が出なかった。

香川照之じゃないが涙腺やばかった。

こんな日がくるなんて。

日本のボクシングでこんなにシビれたのはいつ以来だったか
考えたら竹原がミドルで世界獲った時
辰吉のシリモンコン戦

それ以上の快挙だろう


あのリングに立てるだけでも偉業であるのに
ラスベガスで防衛成功までやってのけたチャンプ

ラスベガスにおける日本のボクシングが
やっとスタートラインに立てたのではないだろうか。

帝拳の力無くして
この試合はできなかったのであろうが
この一回限りではなく
どんどんあのリングに立てる選手が出てくることを願う

ありがとう西岡!
【2011/10/03 12:09】 拳闘 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。